アウディ RS6 を電動化、1018hpの俊足ワゴンに…フォーミュラEのノウハウ導入

エコカー レスポンス

ドイツに本拠を置くアプトスポーツライン(ABT Sportsline)は7月5日、アウディ『RS6アバント』(Audi RS6 Avant)をベースにした電動コンセプトカー、アプト『RS6-E』を発表した。

アプトスポーツラインは、アウディやフォルクスワーゲンのカスタマイズを手がける。代表のハンス-ユルゲン・アプト氏は、アウディのフォーミュラEワークスチーム「アプト シェフラー アウディ スポーツ」の代表も務めている。

アプトRS6-Eには、フォーミュラE参戦のノウハウを導入して、アウディ最速の1台、RS6アバントを電動化。モーターは100km/h以上の領域で作動し、288hpのパワーと32.3kgmのトルクを引き出す。

また、直噴4.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボ「TFSI」エンジンも、吸排気系を中心にチューニング。最大出力は560hpから730hpへ、170hp引き上げられた。このエンジンとモーターの組み合わせにより、システム全体で1018hpのパワーと131.6kgmのトルクを獲得する。

モーターの電力は、蓄電容量13.6kWhのバッテリー(二次電池)が供給。モーターはボタン操作によって作動し、高速域での加速をアシストする。0〜100km/h加速は3.3秒、最高速は320km/h。ベース車両のアウディRS6に対して、0〜100km/h加速は0.4秒短縮。最高速は70km/h上乗せされている。

  • 森脇稔
  • アプトRS6-E
  • アプトRS6-E
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ