ジャガー世界販売1.2%減、小型SUVの E-PACE は好調 2018年上半期

業界 レスポンス

ジャガーカーズ(Jaguar)は7月9日、2018年上半期(1〜6月)の世界新車販売の結果を発表した。総販売台数は9万4055台。前年同期比は1.2%減だった。

また、6月単月の世界販売は1万6328台。前年同月に対して、6.4%増と前年実績を上回る。2018年4〜6月実績も、前年同期比6.9%増の4万4124台と好調。

車種別の販売実績では、新型コンパクトSUVのジャガー『E-PACE』が牽引役を果たした。ジャガー『F-PACE』や他のモデルの減少分を補い、欧州、英国、世界市場において、ジャガーの新車販売の伸びを後押ししたという。

ジャガーカーズの2017年の世界新車販売台数は、過去最高の17万8601台。前年比は20%増と2桁増を達成している。

  • 森脇稔
  • ジャガーF-PACE
  • ジャガーXE
  • ジャガーXF
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ