トヨタ、ベンチャー企業支援のグローバルプログラムを立ち上げ

業界 レスポンス

トヨタの子会社で人工知能(AI)などの研究開発を行う「トヨタ・リサーチ・インスティテュート」(TRI)は7月11日、ベンチャー企業を支援するグローバルプログラム「Call for Innovation」を立ち上げた、と発表した。

このグローバルプログラムは、TRIが2017年に設立したベンチャーキャピタルファンドの「トヨタAIベンチャーズ」とTRIが共同で行うもの。トヨタAIベンチャーズは、人工知能、データクラウド、自動運転モビリティ、ロボティクスの分野における設立間もない有望なベンチャー企業への投資を行うべく、2017年の設立以降、投資先を拡充してきた。

Call for Innovationでは、重要な技術課題を特定し、ベンチャー企業によるソリューションを募集することを通じて、イノベーション促進を目指す。募集する技術領域において、有望なベンチャー企業に対して、50〜200万ドルをトヨタAIベンチャーズが投資。TRIとの実証プロジェクトの実施も検討していく。

Call for Innovationの第一弾は、TRIのロボティクスチームが参画し、家庭内や周辺で人々を助ける支援ロボットに使われる「モバイルマニピュレーション技術の向上」が募集領域。将来的には、認識技術、機械学習、シミュレーションなど、ロボティクスや自動運転におけるTRIの研究開発の他の領域を対象として、技術課題を選定することも検討する、としている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ