アストンマーティン V8シグネット、トヨタ iQ に430ps移植…グッドウッド2018

新車 レスポンス

アストンマーティンは7月12〜15日、英国で開催中の「グッドウッドフェスティバルオブスピード2018」(Goodwood)において、『V8シグネット』(Aston Martin V8 Cygnet)を初公開した。

『シグネット』は2011年に発売。トヨタ『iQ』をベースに、専用の内外装を採用。とくにインテリアには、アストンマーティンらしいプレミアム感が演出されたのが特徴だった。

シグネットは、過去に日本市場にも導入されており、当時の価格は490万円。なお、ベース車両のトヨタiQは、129万〜178万円と、およそ3倍の価格差がある。

グッドウッドフェスティバルオブスピード2018で初公開されたV8シグネットは、シグネットに『ヴァンテージS』用の4.7リットルV型8気筒ガソリンエンジンを移植したワンオフモデル。カスタマイズ部門の「Q byアストンマーティン」が、顧客の要望を受けて製作した。

V8シグネットの最大出力は430ps、最大トルクは50kgm。0〜96km/h加速は4.2秒で駆け抜け、最高速は274km/hに到達する。アストンマーティンは「ヴァンテージSよりも速い、究極のシティカー」としている。

  • 森脇稔
  • アストンマーティン V8 シグネット
  • アストンマーティン V8 シグネット
  • アストンマーティン V8 シグネット
  • アストンマーティン V8 シグネット
  • アストンマーティン V8 シグネット
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ