「JTCCシビック&アコード挑戦記」をアンコール展示 9月13日からホンダコレクションホール

モータースポーツ レスポンス

ツインリンクもてぎ内の「ホンダコレクションホール」は、開館20周年記念リクエスト展示「34連敗からの挽回劇〜JTCCシビック&アコード挑戦記〜」を9月13日から12月10日まで開催する。

ホンダコレクションホールは1998年、ツインリンクもてぎ内にオープン。ホンダを代表する二輪、四輪、汎用製品、レーシングマシンなど約300点を展示しており、2018年3月に開館20周年を迎えた。同ホールでは、日頃からの愛顧への感謝として、来館客からのリクエストをテーマにした企画展を開催している。

今回は3年前に開催し、再開催のリクエストが多かったJTCC(全日本ツーリングカー選手権)を再特集。ホンダコレクションホール初となるアンコール展示を行う。展示車両は今から約20年前、4ドアセダンによるツーリングカーレースが活況を呈していたJTCC(全日本ツーリングカー選手権)参戦車両。ホンダは当初『シビックフェリオ』で参戦するも2シーズン、34レースに渡り勝ち星を挙げることができなかった。今回の企画展では、苦境を打開すべく『アコード』を投入し、挽回していく様子を紹介する。

展示車両はホンダ車が「カストロール無限シビックフェリオ(中子修/1995年)」、「カストロール無限アコード(中子修/1996年)」、「ジャックスアコード(服部尚貴/1996年)」、「カストロール無限アコード(中子修/1997年)」。そのほか、トヨタ「アドバンエクシヴ(土屋武士/1998年)」、「エッソトムスチェイサー(関谷正徳/1998年)」、「アドバン チェイサー(土屋圭市/1998年)」、日産「プリメーラ ユニシアジェックス カミノ(影山正彦/1996年)」、「ザナヴィ サニー(本山哲/1996年)」、「ザナヴィカミノプリメーラ(本山哲/1997年)」などを予定。新たに2台のJTCCマシンを追加展示するなど、ボリュームアップしたアンコール展示となる。

入館料は無料。別途ツインリンクもてぎ入場・駐車料金が必要。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • ホンダ カストロール 無限 アコード(中子修/1997年)
  • トヨタ アドバン エクシヴ(土屋武士/1998年)
  • トヨタ エッソ トムス チェイサー(関谷正徳/1998年)
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ