海岸沿いの見通しの良いカーブで逸脱、壁に衝突して運転者死亡…なぜ?

社会 レスポンス

19日午前9時45分ごろ、北海道北斗市内の国道228号を走行中の軽乗用車が路外に逸脱。道路右側のコンクリート壁に衝突する事故が起きた。この事故でクルマを運転していた高齢男性が死亡している。

☆☆☆

北海道警・函館中央署によると、現場は北斗市館野付近で片側1車線の緩やかなカーブ。軽乗用車は左カーブを進行中に対向車線側へ逸脱。そのまま道路右側の路外に飛び出し、コンクリート壁に衝突した。

衝突によってクルマは中破。運転していた知内町内に在住する88歳の男性は近くの病院へ収容されたが、胸部強打などが原因でまもなく死亡している。

現場は海岸沿いで見通しの良い区間。警察では疾病原因などで意識を失い、衝突に至った可能性も視野に入れ、事故発生の経緯を詳しく調べている。

☆☆☆

現場は見通しの良い区間で、カーブも緩やかなものだった。

クルマは減速しない状態で壁に突っ込んだ可能性が高く、この点からも疾病による意識喪失が疑われているようだ。

暑い日が続いており、クルマにはカーエアコンがあるからといって油断もできない。

運転中にも熱中症の症状で体調を崩すこともあるだろう。水分補給と早めの休憩を心がけたい。

  • 石田真一
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ