ポルシェ マカン 改良新型、部分自動運転が可能…渋滞アシスト採用

新車 レスポンス

ポルシェは7月25日、『マカン』(Porsche Macan)の改良新型モデルを中国上海市で初公開し、同車に最新の先進運転支援システム(ADAS)を採用すると発表した。

マカンは2013年秋、ロサンゼルスモーターショー2013において、『カイエン』の下に位置するSUVとして発表。2014年の発売以来、世界累計販売が35万台を超える成功を収めてきた。そのマカンがデビューからおよそ4年が経過し、初の本格改良を実施。改良新型モデルが、中国上海市で発表されている。

改良新型マカンでは、新たに「トラフィックジャムアシスト」などの機能を「アダプティブクルーズコントロール」に統合。60km/hを上限に作動し、快適でリラックスできるドライブ体験を提供する。

このシステムでは、部分自動運転が可能。前走車に追従して、アクセルとブレーキを車両がコントロール。渋滞や低速時には、ステアリングの操舵の支援も行う。

また、「ポルシェ・ダイナミック・ライト・システムプラス」(PDLS)をオプション設定。ヘッドライトの配光パターンを、走行状況に応じて最適に制御。4灯式ウエルカムホームライトによって独特な外観を生み出すとともに、最適な照度によって路面を明るく照らす、としている。

  • 森脇稔
  • ポルシェ マカン 改良新型
  • ポルシェ マカン 改良新型
  • ポルシェ マカン 改良新型
  • ポルシェ マカン 改良新型
  • ポルシェ マカン 改良新型
  • ポルシェ マカン 改良新型
  • ポルシェ マカン 改良新型
  • ポルシェ マカン 改良新型
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ