VWの独本社工場、年産能力を100万台以上へ… ゴルフ 次期型の生産を集約

業界 レスポンス

フォルクスワーゲングループ(Volkswagen Group)は8月17日、ドイツ本社工場の生産能力を100万台に引き上げる計画を発表した。

フォルクスワーゲングループは2020年までに、すべてのドイツ工場の生産性を25%引き上げる構想を掲げている。今回の計画は、その一環となる。

フォルクスワーゲングループのドイツ本社工場では2019年半ばから、次期フォルクスワーゲン『ゴルフ』の生産を開始する予定。フォルクスワーゲングループによると、ドイツ本社工場の生産能力を100万台に引き上げる計画は、次期ゴルフと密接な関係があるという。

次期ゴルフは8世代目モデル。フォルクスワーゲングループは次期ゴルフの生産を、ドイツ本社工場に集約する、としている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ