F1日本GP「5807分の1サポーター」、最後の募集開始

モータースポーツ レスポンス

鈴鹿サーキットは、「2018 FIA F1世界選手権シリーズ第17戦 日本グランプリレース 鈴鹿30回記念大会」(10月4〜8日開催)のサポーター5807人を募集する企画「5807分の1サポーター」の受付を開始した。

5807分の1サポーターは、鈴鹿サーキット四輪コース距離5807mにちなんで、5807人のファンにコース1m分のサポーターとなってもらう募集企画。2009年、鈴鹿サーキットでのF1日本グランプリ再開を機にスタートし、今年のF1日本GPで最後となる。

サポーターには、F1日本グランプリ開催記念の「シリアルナンバー入り特製記念ピンズ」をプレゼントするほか、F1日本グランプリ開催期間中、公式プログラムやGPスクエアに設置するF1マシンに名前を掲載する。

募集人数は限定5807名で協賛金は2100円。鈴鹿サーキット総合ショッピングサイト「モビリティステーション」より申し込みを受け付けている。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 展示F1マシンイメージ
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ