8月の新車総販売は2.5%増の36万台と2か月連続のプラス

業界 レスポンス

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が9月3日に発表した8月の新車販売統計(速報)によると、総台数は前年同月比2.5%増の36万4216台と2か月連続のプラスとなった。

このうち登録車は0.2%減の23万3358台で2か月ぶりのマイナスだった。今年は低調なペースで、4月と7月に小幅のプラスとなったが、8月は再び落ち込んだ。トヨタ自動車の『クラウン』や『カローラスポーツ』、SUBARU(スバル)の『フォレスター』といった新モデルの効果はあるものの、力強い回復は見えていない。8月としては14年以来、4年ぶりのマイナスになった。

ブランド別では6月に新モデルを投入したトヨタが0.6%増と、2か月連続のプラスとなったほか、「e-POWER」モデルが人気の日産自動車も7.7%増と好調だった。西日本豪雨の影響によって7月に苦戦したマツダは、SUVを中心に回復しており、11.1%増と2か月ぶりにプラスとなった。また、完成検査でのデータ不正などがあったSUBARU(スバル)は16.0%減と、17年11月から10か月連続のマイナスだった。

一方、軽自動車は7.7%増の13万0858台と2か月連続のプラス。回復基調が続いており、スズキの『ジムニー』やホンダの『N-VAN』といった各社の新モデルも貢献している。

ブランド別ではスズキが11.2%増となり、1.0%減だったダイハツを抑えて、3か月ぶりに販売シェアトップを確保した。Nシリーズが好調なホンダは30.4%増と大きく伸ばした。

  • 池原照雄
  • ホンダN-VAN
  • トヨタ・クラウン新型
  • マツダCX-8
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ