ボルボカーズCEO、任期を2022年まで延長…全車電動化や自動運転などを推進へ

業界 レスポンス

ボルボカーズ(Volvo Cars)は9月10日、ホーカン・サムエルソン社長兼CEOの任期を、2022年まで延長すると発表した。

ホーカン・サムエルソン氏は2012年10月、CEOに就任。以来、ボルボカーズは大きな変革を遂げた。新開発のプラットフォーム、パワートレーン、安全システム、インフォテインメント技術を導入。プレミアムセグメントにおいて、強力な地位を確立している。

また、ホーカン・サムエルソン社長兼CEOは2017年、自動車メーカーとして最初に、全ラインナップの電動化を宣言。これに他社が追従し、世界的な電動化への大きな流れを生み出す契機になった。

ボルボカーズは、ブランドのアピール手法も変える取り組みを進めており、目的別に顧客とのコミュニケーションを取る形へ、順次移行。今後10年間、500万人以上の顧客と、直接的な関係を築くことを目指す。これにより、顧客基盤を強化していく。

さらに、ボルボカーズは、新たなモビリティブランドとして「M」を立ち上げ。Mブランドでは、スマートフォンにダウンロードしたアプリを通じて、車やサービスへのオンデマンドアクセスを可能にする。ボルボカーズのグローバルモビリティ事業を拡大する戦略の一環となる。

Mブランドの目的は、より多くの人々が自由に、有意義に、そして持続可能に移動することを可能にすること。独自のテクノロジープラットフォームは、より直感的なユーザーエクスペリエンスを提供。新世代のモビリティサービスを推進することを狙う。

ボルボカーズは、ホーカン・サムエルソン社長兼CEOの任期を、2022年まで延長。全車電動化や自動運転、コネクティビティ、新たな自動車の所有形態の確立などを推進していく、としている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ