メルセデス S400 など、プレフューズボックス不具合で火災のおそれ リコール

テクノロジー レスポンス

メルセデス・ベンツ日本は9月13日、「S400」など『Sクラス』(Mercedes-Benz S-Class)7車種のプレフューズボックスに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、「S400」、「S560 4MATIC」、「S560」、「S600」、メルセデスマイバッハ「S560 4MATIC」、メルセデスマイバッハ「S560」、メルセデスマイバッハ「S650」の7車種で、2017年10月25日〜2018年2月26日に輸入された461台。

車両電源を管理するプレフューズボックスのナット取付け装置のプログラムが不適切なため、通電用金属プレートの固定ナットが組付けられていないものがある。そのため、走行中の振動等により導通不良が発生し、エンスト等が発生して、最悪の場合、増加した電気接触抵抗により発熱し、火災に至るおそれがある。

改善措置として、全車両、プレフューズボックス内の固定ナットの有無を点検し、固定ナットが取り付けられていない場合は、プレフューズボックスを良品に交換する。

不具合および事故は起きていない。ドイツ本社からの情報により届け出た。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 改善箇所
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ