ボルボ・カー・ジャパン木村社長「V60より小さなクルマはディーゼルをなくしていく」

新車 レスポンス

ボルボ・カー・ジャパンの木村隆之社長は9月25日に都内で開いた新型『V60』の発表会で、V60以下のセグメントのモデルにディーゼルエンジンを設定しない方針を明らかにした。

木村社長は「V60より小さなクルマは、ディーゼルをこれからなくしていくことになる」と明言。その背景として「ディーゼルはホームマーケットであるヨーロッパが一番大きな市場だったが、ピークの2011年には全体の半分を超えていたディーゼルが直近では37%まで落ち込んでいる。さらにボルボのセグメント中で45%が個人のお客様だが、縮小の割合が大きく、リセールバリューに懸念を抱いているのではないか」と指摘。

その上で、「日本ではディーゼルの縮小は始まっていないし、まだまだディーゼルは大きな支持を頂いている」としながらも、「V60のセグメントについては実際の走り方、使われ方、年間の走行距離等々を考えてディーゼルを設定しない。5年後、10年後のオーナーのリセールバリューを守る」と強調した。

実際、この日に発売した新型V60はディーゼルエンジンの設定がなく、ガソリンエンジンモデルに2種類のプラグインハイブリッドモデルを導入し、「将来の電動化の方針に沿う」ラインアップとなっている。

その一方で木村社長は、「『XC60』や『90シリーズ』のように大きくて重くディーゼルを乗せれば燃費が良くなるクルマについてはディーゼルをこれからも継続していく」との方針も示していた。

  • 小松哲也
  • ボルボV60発表会《撮影 小松哲也》
  • ボルボV60発表会《撮影 小松哲也》
  • ボルボV60発表会《撮影 小松哲也》
  • ボルボV60発表会《撮影 小松哲也》
  • ボルボV60発表会《撮影 小松哲也》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ