【F1 日本GP】ハミルトンがポールトゥウィンで5度目のチャンピオンに王手

モータースポーツ レスポンス

三重県鈴鹿市の鈴鹿サーキットで7日、F1第17戦日本GPの決勝レースが行われ、ルイス・ハミルトン(メルセデス)がポールトゥウィン。セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)とのポイント差を67に広げ、5度目のチャンピオンに王手をかけた。

心配された台風もそれ、まるで夏を思わせるような強い日差しが照りつける中、F1日本GPの決勝レースがスタートした。3位以下は接触やコースアウト、激しいバトルなど大混乱、大接戦のレース展開となったが、フロントローからスタートしたメルセデスの2人は終始レースをリード。ルイス・ハミルトン、バルテリ・ボッタスのメルセデス勢が1-2フィニッシュを決めた。

これでハミルトンは今季9勝目。チャンピオンシップポイントを331に伸ばし、ランキング2位のセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)との差を67ポイントまで広げた。シーズンも残り4戦。次のアメリカGPでベッテルとの差を76ポイント以上に広げれば、今シーズンのチャンピオンが決まる。

対するベッテルは予選を失敗して8番グリッドからのスタートとなったが、一気にジャンプアップして2周目には4位へ浮上。しかし接触でほぼ最後尾まで順位を下げ、最終的に6位でチェッカー。大きくポイントを失った。

3位争いはレッドブルの2人。マックス・フェルスタッペンはキミ・ライコネン(フェラーリ)やベッテルとの接触でマシンにダメージがあったものの3位を走行。そこに15番グリッドスタートから追い上げてきたチームメイトのダニエル・リカルドが迫ったがフェルスタッペンが逃げ切って3位表彰台を獲得した。

6-7番グリッドからスタートしたトロロッソ・ホンダのブレンドン・ハートレーとピエール・ガスリーは、速さを見せたがピットインのタイミングが悪く、ガスリーは11位、ハートレーは13位でチェッカーを受けた。

F1日本GP 決勝結果

1. ルイス・ハミルトン(メルセデス)

2. バルテリ・ボッタス(メルセデス)

3. マックス・フェルスタッペン(レッドブル)

4. ダニエル・リカルド(レッドブル)

5. キミ・ライコネン(フェラーリ)

6. セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)

7. セルジオ・ペレス(フォースインディア)

8. ロマン・グロージャン(ハース)

9. エステバン・オコン(フォースインディア)

10. カルロス・サインツ(ルノー)

11. ピエール・ガスリー(トロロッソ・ホンダ)

12. マーカス・エリクソン(ザウバー)

13. ブレンドン・ハートレー(トロロッソ・ホンダ)

14. フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)

15. ストフェル・バンドーン(マクラーレン)

16. セルゲイ・シロトキン(ウィリアムズ)

17. ランス・ストロール(ウィリアムズ)

以上完走 

  • 藤木充啓
  • F1日本GP(c) Getty Images
  • F1日本GP(c) Getty Images
  • F1日本GP(c) Getty Images
  • F1日本GP(c) Getty Images
  • F1日本GP(c) Getty Images
  • F1日本GP(c) Getty Images
  • F1日本GP(c) Getty Images
  • F1日本GP(c) Getty Images
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ