ナビとクラウドでドライブプランを提案 クラリオンが加賀温泉郷で実証実験へ

テクノロジー レスポンス

クラリオンは10月12日、加賀市観光交流機構、山代温泉観光協会、山中温泉観光協会、片山津温泉観光協会の3つの温泉観光協会と、観光客向けに、カーナビゲーションとクラウド技術を活用したドライブプランを提案する実証試験を実施すると発表した。

実証実験では、3つの温泉観光協会それぞれが観光客に、日産ニューモビリティコンセプトがベースの2人乗り超小型モビリティ『温モビ(ぬくモビ)』をレンタル提供する。

温モビには、出発から帰宅まで徒歩を含む移動ルートをすべて設定できる次世代ナビゲーション機能「Door to Doorナビゲーション」や、ナビゲーション/オーディオ/ツール/アプリケーションの4エリア表示機能「クワッドビュー」が特徴の、最新カーナビゲーション「NXV987D」を装着する。

ユーザーは出発前に自分のスマートフォンを使用し、LINE botと会話をすすめることで、自分の好みに合う旅のプランが提案される。会話については日本語、英語、中国語、韓国語の4カ国語に対応、ナビゲーションのルート案内にも反映される。

実証実験の期間は10月12日から2019年3月31日まで。

実証実験は加賀市観光情報センターや3つの観光協会へ多数寄せられるドライブプラン問い合わせや、増加する外国人利用者への対応を、クラウドを通じて、地元ならではの旅ルートやうんちく情報などを提供するとともに、外国語対応などで、観光客の満足度・利便性向上を図る。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ