「オバケバス」2号機、運行開始 世界初の高速自走式お化け屋敷

業界 レスポンス

お化け屋敷企画製作プロデュースのゾウンテッド コーポレーションは、世界初となる高速自走式リアル廃バスお化け屋敷「オバケバス」2号機の運行を開始した。

屋外でのお化け屋敷開催には、雨風対策、電力設備などの建造費、夜間警備など、屋内のお化け屋敷以上にコストが掛かる。そこで、ゾウンテッド コーポレーションは、テーマパークや大型商業施設等、駐車可能な場所なら即開催が可能な移動式お化け屋敷「オバケバス」の開発を進めた。

同社では、女子高のスクールバスで使用されていた大型廃バスを入手し「オバケバス」初号機を6月に公開。壮大なウォークスルーお化け屋敷では多くの人々を驚愕させたが、様々な不可解な現象が多発したため、稼働を中止。そして今回、より機動性能が高い廃バスを入手、世界初となる高速自走式「オバケバス」2号機を完成させた。

運行を開始したオバケバス2号機は、ハリウッド映画から飛び出してきたようなインパクトある外観が特徴。会場へ向かう走行中から、お化け屋敷、ホラーマニアだけでなく、バスマニア、廃墟マニアからも注目を集めた。同機はお化け屋敷としてのエンターテインメント性だけでなく、車体窓に搭載するTVモニターによるデジタルサイネージ(映像広告)機能や、QRコードによるWEBサイトへのアクセス機能も備え、絶大なプロモーション効果も発揮する。

同社では、移動広告媒体としての「アドバス」や、遊園地、テーマパーク、商業施設などでの「イベントツール」、テレビ・映画などでの「レンタル」など、多様なオファーに対応できるツールとして、利用者を募っていく。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • オバケバス(初号機)
  • オバケバス(初号機)
  • オバケバス(初号機)
  • オバケバス(初号機)
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ