BMW X1 など、バッテリーケーブル不具合で追加リコール 走行不能となるおそれ

テクノロジー レスポンス

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は10月19日、「X1 sDrive 18i」など4車種のバッテリープラスケーブルに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、「X1 sDrive 18i」「X1 sDrive 25i」「M3セダン」「M3クーペ」の4車種で、2007年5月22日〜2011年8月11日に製造された2195台。

電装部品へ電力を供給するパワーディストリビューションボックスとバッテリーを接続するバッテリープラスケーブル接続部分のコネクターのメッキおよび構造が不適切なため、車両振動によって発生する腐食により接触抵抗が増大するものがある。そのため、同ボックスから電装部品へ十分な電力を供給できず、最悪の場合、走行中にエンジンが停止するおそれがある。

改善措置として、全車両、コネクターを対策品に交換する。また、車両振動の影響を低減するためケーブルを固定する。

不具合は1件発生、事故は起きていない。本国および市場からの情報により届け出た。

なお今回の不具合については、2013年3月、同年8月、2017年4月にリコールを届出ているが、対象範囲の拡大・追加が必要だったことが判明したため再度届出た。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 改善箇所
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ