トヨタ スープラ 新型、レースデビュー…独ニュルブルクリンク耐久選手権

新車 レスポンス

トヨタ自動車が開発を進めている新型『スープラ』(Toyota Supra)。同車のレーシングカーが市販モデルに先駆けて、ひと足早くレースデビューを果たした。

これは10月20日、ドイツで開催されたVLN(ニュルブルクリンク耐久選手権)での出来事。新型スープラが「GAZOO Racing A90」としてSP8Tクラスに参戦し、レースで実戦デビューしている。

SP8Tクラスは、排気量が2.6〜4.0リットルの市販ターボ車ベースで争われる。新型スープラには、3リットル直列6気筒ガソリンターボエンジンが搭載されると見られ、このカテゴリーからのエントリーとなった。

なお、ドライバーは、モリゾーことトヨタ自動車の豊田章男社長ら3名が担当。新型スープラのレースデビューの様子は、ニュルブルクリンクの公式サイトが配信している映像の4時間53分45秒付近から見ることができる。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ