SUPER GT 第8戦、自衛隊 F-2B 戦闘機が歓迎フライト予定

モータースポーツ レスポンス

ツインリンクもてぎで開催される「2018 AUTOBACS SUPER GT Round 8 MOTEGI GT 250km RACE GRAND FINAL」では、決勝日の11月11日のオープニングセレモニーで、航空自衛隊松島基地「F-2B 戦闘機」による歓迎フライトが実施される。

F-2Bは、米国のF-16を日本での運用や考え方、また地理的な特性に合わせ、日米の優れた技術を結集し両国の共同で開発された戦闘機。1985年に「FS-X」として開発に着手、1995年に初飛行。その後、2000年度に開発が完了した。F-16からの主な改造点は、旋回性能の向上のための主翼面積を増やし、軽量化のため先進材料や先進構造を取り入れたこと。また離陸性を高めるためエンジンを推力向上型に変え、さらに最新レーダーなど先進の電子機器を採用している。サイズは、全長15.5m、全幅11.1m、全高5.0m。乗員は2名。最高速度はマッハ約2.0。

F-2Bの歓迎フライトはツインリンクもてぎ レーシングコース上空にて、11時35分頃より、航空自衛隊松島基地第4航空団によって実施される予定だ。天候により中止となる場合もある。

  • 松崎祐子
  • ツインリンクもてぎで開催されるSUPER GT Round8で、F-2B 戦闘機が歓迎フライト提供 モビリティランド
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ