トヨタ車体、アルファード の福祉車両を出展予定…メッセナゴヤ2018

新車 レスポンス

トヨタ車体は、11月7日から10日までポートメッセなごや(名古屋市)で開催される第13回異業種交流展示会「メッセナゴヤ2018」に出展すると発表した。

今回は、昨年12月にマイナーチェンジした『アルファード』に設定されたウェルキャブ(福祉車両)の「サイドリフトアップチルトシート装着車」を展示する。「サイドリフトアップチルトシート」は、チルト機能の導入によりシートが前傾するため、乗る人のシートへの着座や立ち上がりをサポートし、足腰への負担を軽減する。

また、サイドシートの車外への張り出しを少なくし、乗降に必要なスペースを約55cmとしたことで、一般的な駐車場や家庭の駐車場での乗降を可能にした。

今年10月に一部改良し、フロントフードデザインが新しくなった1人乗りの超小型EV(電気自動車)の『コムス』も展示する。

  • レスポンス編集部
  • 10月に一部改良した超小型EV「コムス」
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ