ブリヂストンサイクル、電動アシスト自転車 フロンティア リラクシー を発売…走りながら自動充電

新車 レスポンス

ブリヂストンサイクルは、低床フレームでまたぎやすく、やさしさと落ち着きのあるデザインの電動アシスト自転車「FRONTIA relaxy (フロンティアリラクシー)」を12月中旬から発売する。

フロンティアリラクシーは、自然志向で健康的な生活を送る人々をターゲットにナチュラルでやさしいカラーを採用。また、今年8月に発売した「フロンティアラクットシリーズ」に続いて低床フレームを採用し、乗り降りのしやすさを実現。カラータイヤ仕様も用意し、明るくおしゃれな印象に仕上げた。

また、「走りながら自動充電」する回復充電機能を搭載。従来の「左ブレーキをかける」と回復充電する機能だけでなく、「走行中にペダルを止める」と前輪モーターが発電してリチウムイオンバッテリーを充電する機能を採用した。これにより走行距離は最大28%向上し、4日走ると最大一日分を充電できるようになった(エコモード回復率の最大値28%で1日5km走行した場合)。また、ベルトドライブ機構は、鉄製チェーンの10倍丈夫でメンテナンスの手間もかからず、さびないため、快適な走りを維持できる。

そのほかの特徴は、バッテリー残量が分かりやすい新スイッチ「スマートワンタッチパネル」、幅40.5cm×奥行33.6cm×高さ24.9cmの大容量樹脂バスケットなど。タイヤは26インチで、車体重量は28.0〜28.5kg。1充電あたりの走行距離は46km(パワーモード)〜98kmで、充電時間は約4時間10分。

目標販売台数は、黒タイヤ仕様が7000台、カラータイヤ仕様が3000台。価格は黒タイヤ仕様(E.XBKブルーグレー、E.XHアイボリー)が12万9800円、カラータイヤ仕様(T.Xダークアッシュ、M.Xソフトカーキ)が13万2800円。

  • 丹羽圭@DAYS
  • 商品特徴は、1:走りながら自動充電ができる「リチウムイオンバッテリーB400」電池搭載、2:バッテリー残量がわかりやすい新スイッチ「スマートワンタッチパネル」採用、3:カラータイヤ装備(カラータイヤ仕様の場合)、4:大容量(幅40.5cm×奥行33.6cm×高さ24.9cm)の樹脂バスケット
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ