スバル、完成検査問題で9車種10万台を追加リコール 2018年10月26日製造分まで

テクノロジー レスポンス

SUBARU(スバル)は11月8日、完成検査で不適切な行為があったとして、『XV』など、9車種約10万台の追加リコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。

対象となるのはスバル『インプレッサ』『レヴォーグ』『WRX』『XV』『フォレスター』『レガシィ』『エクシーガ』『BRZ』、トヨタ『86』の計9車種で、2018年1月9日〜10月26日に製造された10万0764台。

スバルでは完成検査問題で、『インプレッサ』、『レヴォーグ』『WRX』『XV』『フォレスター』『レガシィ』『エクシーガ』『BRZ』『86』の9車種について、2017年11月16日に約39万5000台を、2018年2月8日に2万7066台を、10月11日に6124台をリコールとして届け出た。同社はこれまで、駐車ブレーキ制動力の検査中にブレーキペダルを踏む等、不適切な行為があったのは2017年末頃までとしていたが、2018年10月まで行われていたことが判明。今回、2018年1月9日〜10月26日に生産された9車種10万0764台を追加リコールした。

今回の追加により、完成検査問題に伴うリコールは約53万台に拡大。追加リコールに関わる費用は、約65億円となる見込み。

スバルでは、全車両、指定整備工場において点検および自動車検査員による確認を行い、道路運送車両の保安基準に関する不具合が認められた場合は是正する。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ