マツダ CX-8、日本自動車殿堂カーオブザイヤーを受賞

モータースポーツ レスポンス

日本自動車殿堂は11月8日、2018〜2019年のイヤー賞4賞を発表。マツダ『CX-8』およびその開発グループが「日本自動車殿堂カーオブザイヤー」に選ばれた。

日本自動車殿堂は、小口泰平芝浦工業大学名誉学長が会長を務めるNPO法人。各年度の最も優れた乗用車とその開発グループを表彰することを目的に、毎年日本自動車殿堂カーオブザイヤーを選定している。

今回受賞したCX-8は、3列シートSUVのスタイリッシュなデザインや、卓越した運動性能と効率的な室内空間、運転負荷の軽減と先進の予防安全技術などが高く評価された。

そのほか、インポートカーオブザイヤーにはBMW『X2』が、カーデザインオブザイヤーにはランドローバー『レンジローバー ヴェラール』が、テクノロジーオブザイヤーには「トヨタ コネクティッド・サービス」がそれぞれ選ばれた。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • BMW X2
  • ランドローバー・レンジローバーヴェラール
  • トヨタ・クラウンのダブルディスプレイ
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ