テスラに新会長が就任、イーロン・マスク氏はCEO職のみに

業界 レスポンス

テスラ(Tesla)は11月7日、新たな会長にロビン・デンホルム氏を指名した、と発表した。同日、デンホルム氏は会長に就任し、イーロン・マスク会長兼CEOは、CEO職のみにとどまる。

米SEC(証券取引委員会)は、一連のテスラの株式非公開化を巡る騒動において、マスク会長兼CEOを提訴していた。同会長兼CEOのTwitterでの一連の発表が、投資家を欺く行為にあたるとみなしたためだ。その後、SECはテスラと和解したが、和解の条件として、マスク会長兼CEOが兼任の会長職を辞することが決まっていた。

今回、テスラの新たな会長にロビン・デンホルム氏が就任した。同氏はこれまで、オーストラリアの通信大手、テルストラのCFOであり、テスラの社外取締役も務めていた。また、過去にはトヨタ自動車に勤務し、財務管理を担当していた時期もある。

なお、マスクCEOは3年間、会長職に就くことを禁止されており、今回の新会長就任は、マスクCEOへの権力の集中を防ぐのが狙いとなる。

  • 森脇稔
  • イーロン・マスクCEO (c) Getty Images
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ