アクサ損保、専用車載器を使ったテレマティクスサービスを開始

業界 レスポンス

アクサ損害保険は、スマートドライブが開発したテレマティクス関連サービス「スマートドライブカーズ」と専用車載デバイスを連携したサービスを、顧客に提供開始すると発表した(8日)。

「スマートドライブカーズ」は、走行時のデータを収集し、運転操作を診断する。車載デバイスをアクセサリーソケットに装着し、スマートフォンの計測アプリ「SmartDrive Connect」と連動して、データが自動的にサーバに送信される。

自身の運転の癖をG-Force(G加速度センサー)によって可視化することも可能。安全運転を行えば、スマートドライブからポイントが付与され、様々な特典に換えることができる。このデバイスにより、運転を終えた直後から、今までの走行履歴や取得したポイントを確認できる。

同社は未来の安全運転について考える「MIRAI DRIVE PROJECT」を推進しており、この一環で運転特性データを収集し、安全運転診断を行うアプリ「YouDriveアプリ」を提供してきた。サービスの利用にあたってはアクサダイレクト提供のオリジナルの車載デバイスをシガーソケットに取り付け、スマートフォンと接続していた。新サービスの提供開始に伴い、「YouDriveアプリ」の提供は終了する。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ