スズキ GSX-R 1000 に2019年型、クイックシフト採用…EICMA 2018

モーターサイクル レスポンス

スズキは「ミラノモーターサイクルショー2018」(EICMA 2018)において、『GSX-R1000』(Suzuki GSX-R1000)の2019年モデルをワールドプレミアした。

GSX-R1000は、スズキのスーパースポーツバイクだ。「GSX-R」シリーズにおけるフラッグシップモデルに位置付けられている。

EICMA 2018でワールドプレミアされたGSX-R1000の2019年モデルでは、『GSX-R1000R』の専用装備だったレーサータイプの「双方向クイックシフト」システムを拡大採用する。双方向クイックシフトによって、ライダーはクラッチやスロットルの操作をせずに、より機敏でスムーズなシフトチェンジが可能になった。

さらに、GSX-R1000の2019年モデルでは、新設計のフロントブレーキシステムを導入した。また、GSX-Rシリーズ全車に、ブリヂストンの新開発タイヤが装着されている。

  • 森脇稔
  • スズキ GSX-R 1000 の2019年モデル
  • スズキ GSX-R 1000 の2019年モデル
  • スズキ GSX-R 1000 の2019年モデル
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ