トヨタ/モデリスタ ハイエース・リラクベース、ホイール脱落のおそれ リコール

テクノロジー レスポンス

トヨタカスタマイジング&ディベロップメントは11月13日、『ハイエース』用架装部品として装着したアルミホイールに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは、2010年9月1日〜2018年9月25日に製造された214台。

不具合が発生したのは、モデリスタがハイエースをベースにカスタマイズした「ハイエース・リラクベース」に、架装部品として装着したアルミホイール。

トヨタカスタマイジング&ディベロップメントは、トヨタテクノクラフト、ジェータックス、トヨタモデリスタインターナショナルを統合し、2018年4月1日に設立した特装車事業会社だ。

該当のアルミホイールは、アルミホイールセンター部の設計寸法が不適切なため、使用を続けるとホイールナットが緩むことがある。そのため、異音が発生し、最悪の場合、ホイールが脱落するおそれがある。

改善措置として、全車両、ホイールを対策品に交換する。ただし、部品の入手に時間がかかることから、暫定措置として一度ホイールナットの再締付を行う。

不具合は1件発生、事故は起きていない。市場からの情報により発見した。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 改善箇所
  • トヨタ・モデリスタ・ハイエース・リラクベース (東京オートサロン2018)《撮影 愛甲武司》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ