スズキ RM-Z250 に2019年型、モトクロスレーサーが性能向上…EICMA 2018

モーターサイクル レスポンス

スズキは、「ミラノモーターサイクルショー2018」(EICMA 2018)において、『RM-Z250』(Suzuki RM-Z250)の2019年モデルを発表した。

「RMシリーズ」は、スズキのモトクロスレーサーだ。EICMA 2018でワールドプレミアされたRM-Z250の2019年モデルでは、上級の『RM-Z450』で得られたノウハウを導入して、最適なバランスを追求した。スズキによると、加速、コーナリング、ブレーキという3分野のすべてで、パフォーマンスを向上させているという。

エンジンは、およそ5%の最大出力の向上と、すべての速度域でトルクを引き上げることにより、レスポンスを高めた。また新たに、フレームとスイングアームをアルミで設計する。ブレーキはフロントに、新開発の270mmディスクを採用した。

さらに2019年モデルでは、「S-HAC」(スズキ・ホールショット・アシスト・コントロール)を搭載した。これは、発進時に走行モードを切り替えることにより、優れたスタートダッシュ性能を発揮するシステムだ。

  • 森脇稔
  • スズキ RM-Z250 の2019年モデル
  • スズキ RM-Z250 の2019年モデル
  • スズキ RM-Z250 の2019年モデル
  • スズキ RM-Z250 の2019年モデル
  • スズキ RM-Z250 の2019年モデル
  • スズキ RM-Z250 の2019年モデル
  • スズキ RM-Z250 の2019年モデル
  • スズキ RM-Z250 の2019年モデル
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ