三菱 エクリプスクロス、RJCカーオブザイヤー受賞 走行性能を高評価

業界 レスポンス

三菱自動車のクロスオーバーSUV『エクリプス クロス』が、日本自動車研究者・ジャーナリスト会議(RJC)が主催する2019年次「RJC カーオブザイヤー」を受賞した。

28回目を迎えた本年度の「RJCカーオブザイヤー」の選考は、2017年11月1日から2018年10月31日までに発表された国産車を対象に、RJC選考委員の投票によって実施。11月1日に「6ベスト」が選出され、それらの中から11月13日の投票によって2019年次「RJCカーオブザイヤー」が決定した。

エクリプス クロスの受賞理由について、RJC選考委員は「スタイリッシュなクーペスタイルのコンパクトSUVというだけではなく、三菱自動車独自の電子制御4輪駆動技術『S-AWC』により、高い走破性、操縦安定性を確保。新開発1.5L直噴ターボエンジン+8速スポーツモード付CVTは、中低速トルクを向上させることで、活発な走行性能を実現した」とコメント。三菱自動車が「RJCカーオブザイヤー」を受賞するのは、軽自動車『i』(2007年次)以来の受賞となる。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ