BMWが C400GT 発表、中型スクーターにグランツーリスモ…EICMA 2018

モーターサイクル レスポンス

BMWグループの二輪部門、BMWモトラッド(BMW Motorrad)は「ミラノモーターサイクルショー2018」(EICMA 2018)において、BMW『C400GT』(BMW C 400 GT)をワールドプレミアした。

BMWモトラッドは2011年、プレミアムマキシスクーターとして、『C600スポーツ』と『C650GT』を発表した。2017年秋には、プレミアムミッドサイズスクーターの『C400X』を発表。EICMA 2018で初公開されたC400GTは、ミッドサイズスクーターのグランツーリスモモデルで、快適性を高め、ツーリング性能を向上させている。

C400GTには、C400X同様、排気量350ccの単気筒ガソリンエンジンを搭載する。最大出力は34hp/7500rpm、最大トルクは3.6kgm/6000rpmを引き出す。このエンジンは、ウェットサンプ潤滑による非常にコンパクトな設計が特徴で、CVTを組み合わせる。

C400GTには、LEDライトとキーレスライドを標準装備した。6.5インチのフルカラーTFTディスプレイ付きの多機能メータークラスターによって、コネクティビティも追求している。

  • 森脇稔
  • BMW C 400 GT
  • BMW C 400 GT
  • BMW C 400 GT
  • BMW C 400 GT
  • BMW C 400 GT
  • BMW C 400 GT
  • BMW C 400 GT
  • BMW C 400 GT
  • BMW C 400 GT
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ