フォルクスワーゲンの電動化のグローバル中核拠点、年間最大33万台のEV生産へ

エコカー レスポンス

フォルクスワーゲン(Volkswagen)は11月15日、電動化のグローバル中核拠点として改修中のドイツ・ツヴィッカウ工場について、EVの年間生産能力を最大33万台とする、と発表した。

ツヴィッカウ工場では2019年11月から、「MEB」(モジュラー エレクトリック ドライブ マトリックス)車台を使用した次世代EV、「ID.」ファミリーの生産を開始する。このMEBは、コンパクトカーからSUVや商用バンに至るまで、幅広いセグメントに使用することができる特徴を持つ。

ID.の車台では、モーターがギアボックスとともにリアアクスルに組み込まれ、バッテリーが他のコンポーネントと共に車両のフロア下に効率よく搭載される。モーターからリアアクスルへのパワーの伝達は、1速ギアボックスを介して行われる。WLTP基準による航続は、330〜550km。出力125kWhの急速充電システムを利用すると、30 分以内にバッテリー容量の80%を充電できる。

ID.ファミリーとして、ツヴィッカウ工場で最初に生産を開始し、2020年に発売されるのが、フルコネクテッド機能を備えたコンパクトEVの『ID.』だ。同車の価格は、『ゴルフ』のディーゼル仕様とほぼ同じ価格帯になる予定という。ロングホイールベースと短いオーバーハングが特徴で、内燃エンジンが搭載されていないため、前後アクスルを車両のより外側に配置することを可能にした、としている。

  • 森脇稔
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ