【WEC 18/19第5戦】雨に翻弄された上海戦、トヨタが1-2フィニッシュを飾る…可夢偉組 7号車が富士に続く2連勝

モータースポーツ レスポンス

世界耐久選手権(WEC)2018/2019シーズン第5戦「上海6時間レース」の決勝が18日に実施され、LMP1クラスのトヨタが1-2フィニッシュを飾った。優勝は小林可夢偉らの7号車トヨタTS050ハイブリッドで、前戦富士に続く2連勝。

中国・上海での6時間の決勝レースは、雨による赤旗中断やセーフティカー(SC)導入が相次ぐこととなった。予選ではノンハイブリッドのLMP1勢がタイム的にトヨタに接近、レース展開も荒天による波乱を警戒すべき状況になったわけだが、トヨタTS050ハイブリッドの2台は混乱したレースをしっかり戦い抜き、最終的には後続に1周差をつけ、自陣2台が1.4秒差の1-2フィニッシュを成し遂げた。

優勝は小林可夢偉、マイク・コンウェイ、ホセ-マリア・ロペスの7号車で、前戦富士に続く2連勝となった。2位は中嶋一貴、フェルナンド・アロンソ、セバスチャン・ブエミの8号車。LMP1クラスの3位には、先週のスーパーGT最終戦でGT500チャンピオンとなったジェンソン・バトンが乗り組むSMPレーシングの11号車が入っている。

これでトヨタ(TOYOTA GAZOO Racing)はシーズン4回目の1-2フィニッシュ(第3戦は1-2ゴール後に両車失格)。可夢偉組 7号車と一貴組 8号車は2勝2敗というかたちになったが、第2戦ルマンがポイント5割増なので、同門のドライバーズチャンピオン争いは102点vs97点で一貴組リードの形勢が続いている(総得点のうち、ポールポジション得点「1」は一貴組が計3点、可夢偉組が同2点)。

優勝した可夢偉は「チームが素晴らしい仕事をしてくれましたし、マイク(コンウェイ)とホセ(ロペス)もよくやってくれました。再び勝てて(連勝できて)本当に嬉しいです」とコメント。また、村田久武チーム代表は「難しい天候のなか、富士に続いて1-2フィニッシュできたことはとても嬉しいです。ただ、課題も残りましたので、将来に向けて弱い部分を常に改善していきます」と語り、さらに「本日、復帰2年目で世界ラリー選手権(WRC)マニュファクチャラーズタイトル獲得を決めたTOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamのみなさん、本当におめでとうございます!」と、WRC組の仲間たちの快挙に祝福の意を添えている。

WECの2018/2019シーズンは、これで2018年のレース日程を終了。残る第6〜8戦は2019年の前半に実施される。次戦は来年3月中旬の米国セブリング戦、そして5月初旬のスパ・フランコルシャン戦、さらには都合1年半のシーズンで2度目となるルマン24時間レース(6月)へと続いていくことになる。

なお、トヨタでWEC18/19シーズンを戦っているアロンソは、自身の世界3大レース制覇に向けての最終関門となった「インディ500」の19年大会(5月)に、F1での現所属チームであるマクラーレンとともに2年ぶりに出場することを公表済み。現状、インディ500とWEC18/19残り3戦との間にレース日程の直接的な重複は発生しない見込みなので、WEC参戦への直接の影響もないものと見られる(インディ500の詳細な参戦体制等は未発表。アロンソは19年のF1には参戦しないことも表明済みで、次週末の18年最終戦アブダビGPが当面のF1引退レースになる)。

  • 遠藤俊幸
  • トヨタ1-2となったLMP1クラスの表彰式。3位の段にはJ.バトンの姿も(右端)。《写真提供 TOYOTA》
  • #7 トヨタTS050が2連勝を達成。《写真提供 TOYOTA》
  • 優勝クルー、#7 トヨタの(左から)ロペス、コンウェイ、可夢偉。《写真提供 TOYOTA》
  • WEC上海戦は雨に翻弄される展開となった。《写真提供 TOYOTA》
  • WEC上海戦は雨に翻弄される展開となった。《写真提供 TOYOTA》
  • #8 トヨタの中嶋一貴とアロンソ。《写真提供 TOYOTA》
  • 中国でもアロンソ人気は高いようだ。《写真提供 TOYOTA》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ