アプリリア、トゥオーノV4ファクトリー に最新モデル…EICMA 2018

モーターサイクル レスポンス

アプリリアは、「ミラノモーターサイクルショー2018」(EICMA 2018)において、『トゥオーノV4ファクトリー』(Aprilia Tuono V4 1100 Factory)の最新モデルを発表した。

トゥオーノV4ファクトリーには、排気量1077ccのV型4気筒ガソリンエンジンを搭載する。最大出力175hp/11000rpm、最大トルク12.3kgm/9000rpmを引き出す。

トゥオーノV4ファクトリーには、スーパースポーツバイクの『RSV4 RF』譲りのコンポーネントを採用する。オーリンズ製の電子制御サスペンションは、アプリリアのエンジニアと共同開発された。アプリリアによると、セミアクティブサスペンションの中でも高い性能を備えるという。

この他、電子制御マネージメントシステムとして、「APRC」(アプリリア・パフォーマンス・ライドコントロール)を採用する。トラクションコントロール、ウイリーコントロール、ローンチコントロール、クイックシフトの4機能を備えている。各種の設定は、ハンドルスイッチを使用して切り替えられる。

  • 森脇稔
  • アプリリア・トゥオーノV4ファクトリー の最新モデル
  • アプリリア・トゥオーノV4ファクトリー の最新モデル
  • アプリリア・トゥオーノV4ファクトリー の最新モデル
  • アプリリア・トゥオーノV4ファクトリーの最新モデル(EICMA 2018) (c) Getty Images
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ