【2018 マカオGP】19歳ティクトゥムがF3ワールドカップを2連覇…WTCR初代王者は56歳タルクィーニ

モータースポーツ レスポンス

難攻不落といわれる「ギアサーキット」を舞台に開催されるマカオGP、その2018年大会が11月18日に終幕し、ダニエル・ティクトゥムがF3ワールドカップ2年連続優勝を飾った。併催のWTCRではガブリエル・タルクィーニが初代王者に輝いている。

超高速の海側区間と、ツイスティ極まりない山側区間という二面性を併せ持つ市街地コース「ギアサーキット」は、世界のモータースポーツシーンでも指折りの難コース。例年、11月にはF3世界一決定戦(現名称:FIA F3ワールドカップ)を中心に多種多様なレースが同サーキットで開催されてきた。マカオF3ウイナーにはアイルトン・セナやミハエル・シューマッハ、佐藤琢磨らが名を連ねている。

2018年の第65回マカオGP、F3ワールドカップでは決勝レース途中に大きなアクシデントがあり、女性ドライバーのソフィア・フローシュら選手、関係者数名が病院搬送される事態になったと伝わるが、赤旗中断を経て再開されたレースをティクトゥムが制した。

英国籍の19歳ティクトゥムは、レッドブルの支援を受ける有望な若手のひとり。今季は日本のスーパーフォーミュラにも2戦出場しており、近い将来のF1参戦も期待されているドライバーだ。マカオF3は2連覇。

また、F1最多王座獲得記録を誇るミハエル・シューマッハの息子で、今年のF3欧州シリーズ王者であるミック・シューマッハも参戦していたが、決勝5位。1990年に勝っている父との親子制覇はならなかった。日本勢の決勝最上位は宮田莉朋(全日本F3シリーズ2位)の13位。

近年、その存在感を増して、マカオのダブルメイン格ともいえるレースになった「FIA GTワールドカップ」では、BMW M6 GT3のアウグスト・ファルフスが優勝、2〜3位はメルセデス-AMG GT3勢だった。日産GT-R NISMO GT3も参戦したが、10位が最高、同車を駆った松田次生は13位。

そして今年が新生初年度だったWTCR(FIA 世界ツーリングカー・カップ)は、マカオがシーズン最終大会。決勝3レースの優勝者はレース1=J-K. ベルネイ、レース2=F. ベルビッシュ、レース3=E.グエリエリという顔ぶれになった。アウディが2勝(レース1&2)、ホンダが1勝。

WTCRの初代ドライバーズチャンピオンには、イタリアの勇将、56歳のタルクィーニ(ヒュンダイ)が就いている。19歳の新鋭と56歳の大ベテランが、それぞれのステージで栄冠をつかんだ2018年のマカオGPだった。

  • 遠藤俊幸
  • マカオF3を制したティクトゥム(#1)。《写真提供 Red Bull》
  • WTCRマカオ戦の模様。有名な“メルコヘアピン”を各車が行く。《写真提供 Audi》
  • WTCRマカオ戦のレース2を制した#22 ベルビッシュ(アウディ)。《写真提供 Audi》
  • WTCR初代王者はタルクィーニ(右から2人目、写真は10月の鈴鹿戦)。《写真提供 MOBILITYLAND》
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ