MVアグスタ F3 RC に2019年型、サーキット走行をさらに重視…EICMA 2018

モーターサイクル レスポンス

MVアグスタは、「ミラノモーターサイクルショー2018」(EICMA 2018)において、『F3 800RC』と『F3 675RC』(MV Agusta F3 800 RC/ F3 675 RC)の2019年モデルをワールドプレミアした。

「RC」とは、「レパルト・コルサ」(Reparto Corse)の略だ。MVアグスタのレーシングチームは、ワールドスーパーバイク選手権に参戦しており、そのノウハウを市販モデルに導入した「RC」シリーズを、MVアグスタは展開している。

EICMA 2018で初公開されたF3 800RCとF3 675RCの2019年モデルには、専用のレースキットが装着される。その内容には、「SCプロジェクト」のサイレンサー付きのチタン製エグゾーストシステム、カーボンファイバー製ヒールガード、アルミ製マウントブラケットなどが含まれる。

さらに、専用のエンジンコンピューター、CNC加工のブレーキやクラッチレバーを採用した。スタンドとカバーも付属する。MVアグスタは2019年モデルについて、サーキット走行をさらに重視したモデル、としている。

  • 森脇稔
  • MVアグスタF3 800RCの2019年モデル
  • MVアグスタF3 800RCの2019年モデル
  • MVアグスタF3 800RCの2019年モデル
  • MVアグスタF3 800RCの2019年モデル
  • MVアグスタF3 800RCの2019年モデル
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ