トヨタ、DNA解析技術をJTへライセンス供与 葉たばこの品種改良を支援

業界 レスポンス

トヨタ自動車と日本たばこ産業(JT)は、品種改良を加速させるトヨタ独自のDNA解析技術「GRAS-Di」のライセンス契約を11月20日付で締結したと発表した。

これまでGRAS-Diのライセンス供与は、DNA解析を専門に行う受託解析会社に留まっていたが、普及をさらに加速させるべく、今回初めて、農業に関わる事業を展開する民間企業を対象に加える。

トヨタは1999年以降、家畜排せつ物から再生可能な資源を取り出すバイオマス事業や環境緑化事業などの様々な環境貢献型事業を進めてきた。中でも従事者の高齢化などの課題を抱える農業分野では、農業が産業として維持・発展できるよう支援事業に力を入れている。

農業支援事業では、生産者が栽培しやすく、商品価値の高い品種改良を促進するDNA解析技術の開発を進め、GRAS-Diを2016年に公表した。同技術は、DNA解析の課題だったコストと工数を大幅に改善することで、品種改良を加速させることに貢献。「サトウキビの耐病性遺伝子の発見」や「イチゴのゲノム解析」など、品種づくりの基盤技術として活用されている。

今回ライセンス契約を締結したJTは、農業に関わる事業を展開する民間企業として、葉たばこの生産に関わる様々な研究に取り組んできた。JTは契約にあたって「品質向上や信頼性の確保に繋がる有用遺伝子の発見や利用を加速するもの」と、同技術への期待を示している。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ