年末年始の輸送安全総点検を実施へ、2018年度はテロ対策やインフルエンザ対応に重点

社会 レスポンス

国土交通省は、多客繁忙期である年末年始に、陸・海・空の輸送機関が安全対策の実施状況を自主点検することで、公共交通の安全を図るため「年末年始の輸送等に関する安全総点検」を展開する。

鉄道、自動車交通、海上交通、航空交通、利用運送業、気象業務が安全管理・安全対策の実施状況、関係法令の遵守状況、施設の点検整備状況、テロ対策、インフルエンザ対策の実施状況を自主点検する。期間は2018年12月10日から2019年1月10日まで。

今年度の総点検では、乗務員の健康状態、過労状態の確実な把握、乗務員に対する指導監督体制の実施状況や、自然災害、事故等発生時の乗客の安全確保のための通報・連絡・指示体制の整備・構築状況に重点を置く。

また、テロ防止のための警戒体制の整備状況や乗客の安心確保のための取り組み、テロ発生時の通報・連絡・指示体制の整備状況、テロ発生を想定した訓練の実施状況のほか、新型インフルエンザ対応マニュアル、事業継続計画の策定状況、対策に必要な物資等の備蓄状況及び職場におけるうがい・手洗い等感染防止対策の周知・徹底状況の確認も重視する。

また、国土交通省は各輸送機関が適切に点検するよう指導するほか、期間内に現地確認を実施する。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ