ルノー取締役会、ボロレCOOをCEO代行に任命…ゴーン会長逮捕で

業界 レスポンス

ルノーは11月20日に開いた取締役会で、カルロス・ゴーン会長兼最高経営責任者(CEO)が東京地検特捜部に逮捕されたことに伴い、ティエリー・ボロレ最高執行責任者(COO)がCEO代行に就任することを決めた。

ボロレ氏は当面、ゴーン氏と同じ権限を与えられ、グループ経営に当たる。ゴーン会長兼CEOは従来の位置にとどまっているが、業務ができない状態。

また、ルノーはゴーン氏に対する東京地検特捜部の捜査については「現時点でコメントできない」としている。同時に、日産に対して社内調査で得たすべての情報をルノー側に渡すよう求めることも決めた。

  • レスポンス編集部
  • ゴーン会長兼CEO
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ