ホンダ、スマート水素ステーション 70MPa の受注開始 FCVにフル充填可能

業界 レスポンス

ホンダは11月21日、高圧水電解型の水素ステーション「スマート水素ステーション(SHS)70MPa」の受注を開始した。

SHS 70MPaは、高圧水電解型として世界初となる充填圧力70MPa・製造圧力82MPaを実現した水素ステーション。燃料電池自動車(FCV)に供給する高圧水素を製造・貯蔵・充填できる。2016年10月に環境省の支援制度を活用し、東京都江東区青海で開始した実証実験を経て商品化した。

新製品は、ホンダ独自技術の高圧水電解システム「パワークリエイター」により、コンプレッサーを使用せず高圧化できるため、奥行2250×幅3700×高さ2500mmというコンパクトサイズを実現。再生可能エネルギーなどの電気で水を電気分解して水素を製造する。また、充填圧力を70MPaにすることで、ホンダのFCV『クラリティ フューエル セル』に水素をフル充填することができる。

ホンダは、日鉄住金パイプライン&エンジニアリング(NSPE)とパートナーシップを締結。SHS 70MPaのコアシステムであるパワークリエイターをホンダが製造・供給し、NSPEがSHSの水素貯蔵・充填システムの製造および全体の組み立てを行う。また販売・アフターサービスについてはホンダが行う。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ