メルセデスベンツ Eクラス、着座検知システムの不具合でリコール

テクノロジー レスポンス

メルセデス・ベンツ日本は11月21日、『Eクラス』6車種の着座検知システムに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、「E200」、「E200 4マチック」、「E220d」、「E250」、「E400 4マチック」、メルセデスAMG「E43 4マチック」の6車種で、2017年9月19日〜2018年4月2日に輸入された102台。

助手席乗員重量区分システムにて、製造時の重量校正が不適切なため、本来の重量より重たく判断することがある。そのため、手荷物など、わずかな重量を検出した場合に、人が着座していると認識し、衝突時に意図せずエアバッグが展開するおそれがある。

改善措置として、全車両、シートクッションを良品に交換する。

不具合および事故は起きていない。ドイツ本社からの情報により届け出た。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ