フィアット 500X など、リアシートが突然倒れるおそれ リコール

テクノロジー レスポンス

FCAジャパンは11月22日、フィアット『500X』およびジープ『コンパス』のリアシートに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。対象となるのは2015年9月5日〜2018年8月26日に輸入された5172台。

可倒式リアシートにて、バックレストのリリースレバーベゼルの形状が不適切なため、シートベルトプリテンショナーが作動した際に、ベゼルに加わる負荷が過大となり、リリースレバーが破損し、バックレストの固定機能が損なわれるものがある。そのため、バックレストが意図せずに倒れるおそれがある。

改善措置として、全車両、後部座席バックレストのリリースレバーベゼルを対策品に交換する。

不具合および事故は起きていない。本国メーカーからの情報により届け出た。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 改善箇所
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ