トヨタ RAV4 新型、豊田自動織機 長草工場でラインオフ

新車 レスポンス

豊田自動織機は11月22日、愛知県大府市の長草工場で、新たに生産を開始した新型『RAV4』のラインオフ式を開催した。

式典には、トヨタ自動車の吉田守孝副社長をはじめ、販売店や仕入先、従業員の代表者約350人が出席し、テープカットや若手社員による決意表明を行い、生産開始を祝った。式典の中で、豊田自動織機の大西朗社長は「グローバル戦略車にふさわしい品質の車を、ここ長草工場から世界中に届けたい」と新型RAV4生産への抱負を述べた。

長草工場は1967年の操業開始以降、一貫して、トヨタグループでのコンパクト・ミディアムクラス車生産の一翼を担ってきた。RAV4は、コンパクトSUVの先駆け的存在として1994年に初代モデルが発売され、同社では2代目以降の2001年から生産を担当、これまでに約238万台を世界の市場に送り出してきた。

5世代目となる新型RAV4は、トヨタの新世代プラットフォーム「TNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ)」を採用。ボディの高剛性化や低重心化を図りつつ、さらなる燃費性能と高い操縦安定性や走破性を目指して開発が行われた。2018年12月より海外で、また、来春より国内でも発売される予定だ。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • テープカットの様子
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ