メルセデスベンツの自動運転車、歩行者とコミュニケーションする技術を開発中

テクノロジー レスポンス

メルセデスベンツ(Mercedes-Benz)は11月26日、自動運転車が歩行者とコミュニケーションするための技術を開発していると発表した。

将来、実用化が見込まれる完全自動運転車では、ドライバーが運転操作以外のことを走行中に行うことが可能になる。そうなると、例えば現在のように、ドライバーと歩行者がアイコンタクトで進路を譲り合うことが難しい状況も想定される。そこでメルセデスベンツは、自動運転車が歩行者とコミュニケーションするための技術の開発を進めている。

メルセデスベンツ『Sクラス』がベースの開発車両には、360度の光信号装置を装着する。フロントガラス、グリル、ヘッドランプ、ドアミラーなどに配置されたライトが、歩行者に車両が自動運転モードで走行していることを知らせる。ルーフのライトは、自動運転車の次の動きについての情報を表示する。

ルーフのライトの遅い点滅は、車両が減速していることを意味し、ライトが常に点灯していれば、走行中や停止中にかかわらず、車両が自動運転モードにあることを示す。またルーフのライトは、車両の前方や側面の歩行者を、車両が認識していると知らせることもできる。ライトの速い点滅は、自動運転車が歩行者に近づいていることを示すもの、としている。

  • 森脇稔
  • メルセデスベンツSクラスベースの自動運転開発車
  • メルセデスベンツSクラスベースの自動運転開発車
  • メルセデスベンツSクラスベースの自動運転開発車
  • メルセデスベンツSクラスベースの自動運転開発車
  • メルセデスベンツSクラスベースの自動運転開発車
  • メルセデスベンツSクラスベースの自動運転開発車
  • メルセデスベンツSクラスベースの自動運転開発車
  • メルセデスベンツSクラスベースの自動運転開発車
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ