冬用タイヤの需要本格化で10月のタイヤ販売5%増…GfK調べ

業界 レスポンス

GfKジャパンが発表した10月の自動車タイヤ販売本数は、前年同月比5%増と堅調だった。

夏タイヤは同6%増、冬タイヤが同3%増とともに前年の販売本数を上回った。冬タイヤの販売本数は前月から5.2倍と大幅に増加し、タイヤ全体の構成比は前月の11%から41%に拡大した。

サイズ別では155/65/14の本数が前年同月比14%増、205/60/16が同15%増と2ケタ成長を遂げた。

自動車タイヤの税抜き平均価格はタイヤ各社の値上げが浸透し、同4%上昇した結果、販売金額は同は9%増となった。

また、2018年10月の自動車用エンジンオイル販売は、販売量(リットル換算)ベース、金額ベースともに同1%増と前年を上回った。粘度別にみると、5W-30の販売量が同6%増、0W-20が同5%増と拡大した。さらに5W-40は同28%増と大幅に伸長した。

1リットルあたりの税抜き平均価格は、全合成油では前年同月から6%下落した一方で、部分合成油は2%上昇し、全体では横ばいだった。

  • レスポンス編集部
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ