トヨタ自動車、バン事業をトヨタ車体へ移管 意思決定迅速化やコスト低減で競争力強化

業界 レスポンス

トヨタ自動車は、これまでトヨタ車体へ委託していたバン事業における企画・開発・生産業務を11月より移管し、トヨタ車体が主体となって同業務を進めていくと発表した。

トヨタ車体は、1945年にトヨタ自動車工業(現トヨタ自動車)の刈谷工場が独立し、トラックボデー専門メーカーとして発足した。以降、『ハイエース』や『ランドクルーザー』、『コースター』などの開発・生産を手掛け、完成車両メーカーとして活動領域を広げるとともに、トヨタのバン・SUV・商用車事業の中核を支えてきた。2000年代以降は急成長してきたミニバンの開発・生産を担い、2017年には年間約70万台を生産するまでに拡大し、着実な成長を続けてきた。

2016年4月、トヨタ自動車は組織を製品群ごとに小括り化し、企画・開発・生産を一気通貫で担当する「カンパニー制」を施行。その1つとして、バンやフレーム系SUVを担当する「CVカンパニー」が発足した。トヨタ車体は、CVカンパニーの一員として、開発・生産業務を引き続き担うとともに、トヨタ自動車と一体となって「仕事の進め方変革」や「もっといいクルマづくり」に取り組んできた。さらに2018年1月には、バン事業にて、新たに企画業務もトヨタ車体で行うこととし、バン系車種の企画・開発・生産を一気通貫で行う枠組みとなった。

今後もトヨタ車体は、CVカンパニーの一員としてトヨタ自動車と同じ目標を共有。今回、移管されたバン事業にて、意思決定の迅速化と開発工数・費用の低減を加速し、競争力強化を図る。

  • 纐纈敏也@DAYS
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ