リアライズモバイルとUberが連携、国内タクシーの配車サービスを効率化

テクノロジー レスポンス

ソフトバンクグループのリアライズ・モバイル・コミュニケーションズは、同社のクラウド型タクシー配車管理システム「SMART」とUberのシステムを連携させ、11月28日からステータス情報連携を開始すると発表した。Uberが他社の配車システムと連携するのは、日本初となる。

SMARTは専用通信ユニットをタクシーメーターに接続し、スマートフォンやタブレットと通信することで、各タクシー車両がどのような営業状態にあるのかというステータス情報を常時取得し、効率的な配車を実現する。これまで同社は、SMARTを活用して効率的な配車管理業務ができるサービスをフジタクシー(名古屋市)などに提供してきた。

一方、Uberはフジタクシーと協業して、2018年9月から名古屋地区でのタクシー配車サービスをスタート。UberのドライバーアプリがSMART用に配備されていたスマートフォンにインストールされている。すでに多くのユーザがUberを利用しているが、これまではUber側でタクシーのステータス情報を取得していないため、Uberのドライバーアプリにて配車可能かを把握できない状況だった。

今回、両システムを連携させることで、各タクシー車両のステータス情報をUber側と共有。より効率的な配車サービスが実現でき、空車検索時間の短縮など、乗車体験の大幅な向上が期待される。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • クラウド型タクシー配車管理システムSMART
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ