VWジャパン、ポロ など2万1000台をリコール けん引フックに不具合

テクノロジー レスポンス

フォルクスワーゲングループジャパンは11月28日、『ポロ』と『up!』の7車種のけん引フックに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは「ポロGTI 1.8/141kW」「ポロ1.0/70kW」「ポロ1.2/66kW」「クロスポロ1.2/66kW」「ポロBlue GT/110kW」「up! 1.0/55kW」「cross up! 1.0/55kW」の7車種で、2015年11月14日〜2017年12月12日に輸入された2万1885台。

けん引フックの溶接が不適切なため、フックの溶接部が破断するものがある。また、けん引フックを搭載する際に製造管理が不適切なため、形状の異なるけん引フックが誤搭載されているものがある。そのため、車両をけん引できない、もしくは車両にけん引フックを装着できないおそれがある。

改善措置として、全車両、けん引フックを良品に交換する。また、けん引フックの形状を確認し不適切なものは正規品に交換する。

不具合は1件発生、事故は起きていない。市場からの情報により届け出た。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 改善箇所
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ