レール&カーシェア、小田急沿線で拡充へ…無人入会機も設置

業界 レスポンス

タイムズ24と小田急電鉄は11月28日、両社が連携して提供する「レール&カーシェア」サービスを強化すると発表した。

新たな取り組みとして小田急線の経堂駅、登戸駅、海老名駅の駅構内に、首都圏鉄道会社で初となるカーシェアリングサービス「タイムズカープラス」の「無人入会機」を設置する。

また、現在小田急線沿線13駅に37台を展開している「レール&カーシェア」を、23駅・24箇所に58台へと順次拡大する。

両社が連携して提供する「レール&カーシェア」サービスは、交通系ICカード「PASMO」を利用して小田急線の指定駅まで乗車した後、小田急電鉄が保有する指定の駐車場からカーシェアリングサービス「タイムズカープラス」を利用すると、料金が自動で割引されるもの。

2018年4月にサービスを開始して以降、小田原エリアなどを中心に観光を目的として「レール&カーシェア」サービスの利用は順調。両社は今後、小田急沿線における移動がより便利になるようにサービスを拡充して鉄道からの二次交通手段であるカーシェアリングを気軽に利用できる環境を整備する。

  • レスポンス編集部
  • タイムズカープラスの入会方法と「無人入会機」の利用方法
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ