いすゞ、フォワード など2万3000台をリコール ECU不具合で始動不能のおそれ

テクノロジー レスポンス

いすゞ自動車は11月29日、中型トラック『フォワード』などのエンジンに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのはいすゞ『フォワード』『ギガ』『エルフ』『エルガ』『エルガミオ』、UDトラックス『コンドル』の6車種で、2017年5月25日〜2018年8月23日に製造された2万3806台。

エンジン制御ユニットにおいて、データ保存メモリの制御プログラムが不適切なため、走行に必要なデータの一部が消失することがある。そのため、エンジン警告灯が点灯し、最悪の場合、エンジンが始動できなくなるおそれがある。

改善措置として、全車両、エンジン制御ユニットの制御プログラムを対策プログラムに書き換える。または、エンジン制御ユニットを対策品に交換する。

不具合は10件発生、事故は起きていない。市場からの情報により発見した。

  • 纐纈敏也@DAYS
  • 改善箇所
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ