2030年にレベル3以上の自動運転車1800万台と予想 フロスト&サリバン

業界 レスポンス

フロスト&サリバンがまとめた自動運転車市場のグローバル展望によると、2030年までに自動運転レベル3(システムの要請に応じて手動運転)以上の高度自動運転車は、世界全体で1800万台に到達する予測だ。

新車6台のうち、1台が高度自動運転車となる見通し。レベル3の自動運転車は2026年までにグローバルの自動運転市場全体の35%に到達した後、レベル4(限定した地域での完全自動運転)に取って代わると予測。自動運転車市場は、将来的に自動運転車の専用車線や専用駐車スペースの提供など、インセンティブを実施する中国が主導して2030年には世界全体の自動運転車の販売台数のうち、30%程度を中国が占めると予測する。

また、予測では、自動運転を軸にしたモビリティ・車両サービスや、ロジスティクスと周辺サービスといった自動運転サービス市場が2030年には世界全体で計2000億米ドルに到達すると予測する。中でも自動運転タクシーやシャトルバス事業を中心にしたモビリティサービスが自動運転サービス市場全体の65%を占めると予想する。

  • レスポンス編集部
  • BMW ヴィジョン iNEXT(参考画像)
  • アウディ Pop.Up Next のプロトタイプ(参考画像)
goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ